横浜・八景島アクアリゾーツ様

我々だけのオリジナルの照明を。
作って終わりではなく、アフターケアまでしっかりとしてくださいました。

ITLに相談しようと思われたきっかけを教えてください。

一般的な水族館の照明は、機材を水槽の上に設置して上から照らします。しかし水深が深い水槽だと、下の方までしっかりと光が届かないことがあります。そうすると下の方の魚が見づらかったり、魚が綺麗に見えなかったりと困っていました。
我々は20年前の照明を今まで使っていたということもあり、最新のものを付けるにしても、何をどう付けたらいいかわかりませんでした。そんなときにITLさんを知って相談しました。そして、1番魚が綺麗に見える照明の開発をしていただくことができました。

ITLを選んだ理由を教えてください。

我々はオリジナルの照明を作りたいという観点で照明屋さんを探していました。
大手の照明屋さんもたくさんありますが、だいたい既存のものを紹介されることが多いです。そんなときにITLさんを知りました。
ITLさんは照明で、我々は飼育という異なった業界ですが、「ものに光を当ててお客様に見てもらう」という共有すべきところがあります。そのため、我々が思っていることを「共有していただいている、わかっていただいている」という安心感があり、ITLさんを選びました。

実際に、どのような照明を設置したのでしょうか?

日々の中で魚が照明にぶつかることで、照明の調整が崩れてしまうことがあります。そうすると、魚が綺麗に見えなくなってしまいますよね。そこで、照明の角度を変えられるように調整していただくことで、改善することができました。
また、照明自体もコンパクトで我々が設置しやすいようにとても考えていただきました。
コードなども綺麗にさばけるようにしていただきましたね。

インタビュー施設
株式会社横浜・八景島アクアリゾーツ リーダー飼育員 安部奏様